ブログ

イベントカレンダー

  • とよなか市民環境会議 アジェンダ21
  • 豊中市のホームページ

ビニルはがし作業を行いました

更新日:2013.07.11


日陰に入っての作業でもたっぷり汗です

本日11日(木)、いつものように学校給食のご飯の食べ残しのビニルをはがす作業を行いました。炎天下の作業は困難なため、少し建屋に入って作業をしましたが、それでも汗が滲んでくる作業でした。

児童の食べたご飯の残りがいつも多く出ます。気になりますが、たい肥化システムにご飯の残渣をのせるには、ビニルをはがしローダに投入して少し水で溶かして、その後第1次熟成槽に投入します。

本来は混合機の残渣類を投入するシステムです。ご飯類は水分が多く、混合槽内の水分過多を避けるため、直接投入の方法をとっており、その前段作業としてビニルはがしを行っているのです。

 

▲このページのTOPへ ⇒HOMEへ戻る