ブログ

イベントカレンダー

  • とよなか市民環境会議 アジェンダ21
  • 豊中市のホームページ

小学校で農業のお話

更新日:2017.02.02


昨日1日(水)、午後から当法人が実施している「学校菜園支援(現在はお米作り)と環境教育」の活動を行いました。

出かけた小学校は「バケツ稲つくり」を中心にお米の体験の支援を行っており、最後の仕上げ授業として農業のお話などをするためです。

当法人の会員農家が一手にこの活動を担っています。

お話では外国と日本の食料自給率の違い、国内の生産量の農業の割合など5年生に分かりやすく農家ならではの切り口での授業内容でした。いつもは作業服なのに、広で正装(^-^)です。

DSC_0270

小学生の頃から、農業やお野菜に関心を持ってもらうことが ひいては、農業を応援し自給率が上がると思うと 子ども達へ語りかけていました。

担当者は15校近く関わりその学校ごとに4・5回は実習体験や教室で授業していますので子ども達には大人気🎵なんです。

昨日も熱心に聴き入っていたのが印象的でした。

 

▲このページのTOPへ ⇒HOMEへ戻る