ブログ

イベントカレンダー

  • とよなか市民環境会議 アジェンダ21
  • 豊中市のホームページ

秋・冬野菜の栽培に向け、会員農家などに「とよっぴー」を配布

更新日:2013.08.29


「剪定枝の細粒化堆肥」も配布中!

<既報> 豊中市農業委員会・豊中市農業者経営協議会研究部会所属の農家や当法人の会員・協力農家に対して、この間堆肥を一斉配布をしています。

前者の場合は、11月に予定される「市農業祭」に出品する野菜を育てるための土壌改良材として配布し、後者は秋・冬野菜の栽培を通じて野菜市・野菜市場などの行事に出品するためのものです。

ちょうど、堆肥化施設では従来の剪定枝による堆肥と、新しく細粒化した堆肥が混在しています。そのため、旧来の堆肥をすべて配布し、それとともに新しい堆肥も配布しており、新しい堆肥での作物栽培が注目されます。

農家向けには毎年2回配布しており、次はタマネギ栽培用に配布が始まります。

 

▲このページのTOPへ ⇒HOMEへ戻る